子育てはお金かかるけどなんとかなるは本当?後悔しないためにやっておきたいこと3つ

子育て
※プロモーションページが含まれる場合があります
※プロモーションページが含まれる場合があります

子育てはお金がかかると言われていますが、

「今なんとかなってるし今後も大丈夫そう!?」

「みんなが言うほど子育てにお金かかってないよ?」

と、今のままでもなんとかなりそうな気がしますよね。

しかし、子どもが大きくなるにつれ必要なお金は増えていく傾向に。

将来子どもがやりたいことを応援するためには、ある程度のお金を準備しておくことをおすすめします!

この記事では、子育てにかかる金額や後悔しないためにやっておきたいことを紹介します♪

子育てはお金かかるけどなんとかなる?!

子育てのお金はどのくらいかかるか考えているママ

結論から言うと、なんとかなる!

だけど、子供のやりたいことが応援できなかったり選択肢を狭めてしまうかも。

また、大学のお金が用意できず奨学金を借りて行く場合は、子どもが社会人になってから返すことになり、子どもに負担がかかってきます。

そうならないためにも計画的にお金を貯めておくことをおすすめします!

ちーまま
ちーまま

子育てには実際どのくらいお金がかかるのか、

一緒に確認していきましょう♪

子育てにかかるお金ってどのくらい?

子どもを育てるのに「教育費」の他にも「食費、洋服代、医療費、習いごと」など普段の生活をするのにもお金がかかりますよね。

それらを含めた平均額はこちら!

  • 未就学児(0~6歳)→年間104万円
  • 小学校(7~12歳)→年間115万円
  • 中学校(13~15歳)→年間156万円
  • 高校(16~18歳)→年間149万円
  • 大学(19~22歳)→年間247万円(※2)
出典:内閣府「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」より
※2(※)出典:日本学生支援機構「令和2年度 学生生活調査結果」より

あくまで平均金額なので、幼稚園や保育園、公立や私立などの選択によって金額は大きく違ってきます。

ちーまま
ちーまま

次に、どの時期が1番お金が必要になるのか

一緒に確認していきましょう!

子育てはどの時期が1番お金かかる?

子育てに1番お金のかかる時期は、大学期です。

大学の学費は、進学先によっても変わってきますが、年間の教育費の平均は約181万円(※)。

これに食費や洋服代、医療費などの生活費が平均66万円(※)かかります。

合わせると、年間200万年以上のお金がかかるようになります。

※出典:日本学生支援機構「令和2年度 学生生活調査結果」より

ちーまま
ちーまま

子どもが小さい〝今〟は大丈夫でも

将来のためにお金を用意しておく必要があるってわかりましたよね。

お金がかかる子育てで後悔しないためにやっておきたいこと3つ

親としては、子どものやりたいことは全力で応援したいですよね。

そのためには、やはりある程度のお金は必要です!

あとで後悔しないために〝今〟やっておきたいことを3つ紹介します。

  • 家計を見直す
  • 貯金をする
  • 収入を増やす
ちーまま
ちーまま

1つずつみていきましょう♪

家計を見直す

この機会にいま一度家計を見直してみましょう。

「格安SIMに変えるのが面倒で手続きは後回しになっていませんか?」

「使っていない定期便やサブスクはありませんか?」

「なんとなく入っている生命保険はありませんか?」

行動するのは面倒くさいですが、年間に換算すると貯金はもちろん、外食やお出かけに行くお金に変えることもできます。

また、家計を定期的に見直すことで、〝今の生活スタイル〟にあったものを選ぶことができるため「貯金に回せる金額が増えた!」なんてことも。

ちーまま
ちーまま

今できることから始めましょう♪

\楽天ポイント貯まる3GBまで980円/月(税抜き)/
※ボタンを押すと楽天モバイルにとびます

貯金をする

貯金をするにあたり、

  • 「貯金ができる時期なのか?」
  • 「支出が増えて貯金ができない時期なのか?」

把握することがとても大事です。

お金が貯まらない時期に無理に貯金をしても、イライラしてしまい、家族関係が悪くなっては意味がないですよね。

「今は貯金ができなくても仕方がない」と、事前にわかっていれば焦る必要もなくなります。

そのためにライフプランシュミレーションを作成するのがおすすめです!

実際にお金の動きを目で見ることができるので、「今は貯金ができる」や「我慢の時期」と実際にイメージしやすくなりますよ♪

\ライフプラン設計が無料でできる/
※ボタンを押すとリクルートが運営する『保険チャンネル』に飛びます

収入を増やす

誰もがみな思っていることですよね。

転職をしたり、副業を始めてみたり、家でできる仕事を探してみたり…。

でも、収入を増やすのは簡単にできることではありませんよね。

では、どうすればいいかと言うとお金の預ける場所を変えましょう!

つまりは、資産運用です。

これだけで、今あるお金がお金を生み出してくれる仕組みに変わります。

まずは、新積み立てニーサでコツコツと長期運用してお金を増やしていきましょう。

子育てにかかるお金が不安なあなたへ

FP相談を受けるメリット

固定費や生活費の削減をしていてもやはり子どもにお金が掛かってくる時期がきます。

自分1人では解決できないこともお金のプロに相談したら、

  • 「自分では思いつかないような選択肢を考えてくれた」
  • 「万が一のアクシデントがあった場合でも、教育費をしっかり貯められる提案をしてもらい安心感を得られた」

と、将来の漠然とある不安から解放され、子どものやりたいことを最大限応援することができる環境に変えることもできますよ。

まずは、お金のプロであるFPに相談し、将来子どもにかかるお金の不安をなくしていきましょう♪

\子どものやりたいことを応援できる!/
※ボタンを押すとリクルートが運営する『保険チャンネル』に飛びます

まとめ:子育てはお金かかるけどなんとかなる?

子育てにかかるお金はなんとかなることもありますが、事前に準備していないと将来子どもに負担がかかることも。

子どもが小さいうちからコツコツとお金の準備をして、子どものやりたいことを最大限応援できる環境作りをしていきましょう♪

タイトルとURLをコピーしました