【千葉館山沖ノ島】子どもと磯遊び!持ち物は?簡単にレポ!

お出かけ
※プロモーションページが含まれる場合があります
※プロモーションページが含まれる場合があります

磯遊びを目的に3歳の子供と千葉県の館山にある、沖ノ島にいってきました!

沖ノ島は、

・海水浴もたのしみつつ磯遊びもしたい方

・子どもを自然に触れ合わせたい方

にも、おすすめの場所です

体験談もふまえてレポしていきます♪

この記事を読んでわかること
  • 沖ノ島の特徴
  • 磯遊びにあると便利アイテム
  • 沖ノ島の周辺施設でおすすめな場所

沖ノ島とは?

千葉県沖ノ島の海岸の様子

まず初めに、沖ノ島は、千葉県の館山にある無人島のことです。

無人島といっても沖ノ島海水浴場とつながっており、通り抜けた先にありますよ♪

海水浴も磯遊びも両方したい方には、おすすめの場所です!

沖ノ島は1周することができ、1時間ほどで周れますが、岩場がゴツゴツしている箇所が何ヶ所もあるため、子どもがいるともう少し時間はかかります。

ちーまま
ちーまま

ま天候が悪い日や海の状態が悪い日は、

子連れで一周周るのは、難しいと思います。

磯遊びはもちろん、島を探検したり、洞窟を見つけたりと1日中楽しめるスポットです!

車で行く際は、ナビに住所を入力しても正しく表示されない場合があります。

こちらの館山市役所の案内を参考にすると迷わないので、行く前にチェックしてみてくださいね♪

沖ノ島生き物はいる?

千葉県沖ノ島に生き物がいるかの紹介

実際に沖ノ島に行ったときには、小さい魚、カニ、ヤドカリを見つけることができましたよ♪

海が透き通っているので、目視でも確認できます!

他にも調べると、ヒトデやうみうし、えびなど見つけている方がいました。

沖ノ島は、サンゴの北限域になっているため運がいいとサンゴが見れるかも?だそうです!

沖ノ島を1周していると、途中で、貝殻がたくさん落ちている場所を発見。

きれいな貝殻ばかりだったので、貝殻拾いをしたい方にもおすすめの場所です!

持って行ってよかったもの

磯遊びで持って行ってよかったもの紹介

実際に沖ノ島へ行って、磯遊びをするのに持って行ってよかったものをご紹介します。

ぜひ参考にしてください♪

簡易テント

海は日除できる場所がないので、テントを持っている方は持っていった方がいいです!

直射日光から少しでも避けると、体の疲れ具合が全然違いますよ。

ちーまま
ちーまま

我が家は、ポップアップ式の簡易テントをもっていきました。

その日は風が強く荷物を置いても飛ばされそうだったので、

今年はもう少し丈夫な簡易テントを持っていきます!

ウォーターシューズ

ウォーターシューズは、必須です!

沖ノ島は、岩場を登り降りしながら島を一周できます!

岩場は、結構ゴツゴツしていたり、ジャンプしないと降りれないところも。

場所によっては、ゴミが落ちているところもありました。

ちーまま
ちーまま

その日の天候にもよりますが、

私が行ったときは、海の中に入らないと

渡れないところもありました。

ウォーターシューズを履いててよかったと何度も思ったので、子どもだけではなく、ママ、パパも用意するのをおすすめします!

サンダルでも代用できると思いますが、足から取れて流されてしまったり、岩場は滑り止めが付いていないと滑りやすいので気をつけてくださいね。

帽子、ラッシュガード

夏のレジャーには、帽子・ラッシュガードは、必須アイテムですよね!

磯遊びをしていると夢中になり、1〜2時間ほどすぎてしまうことも。

帽子をかぶることで、熱中症予防や目からの入る紫外線をガードできますよ♪

また子供は、日焼け止めを塗られるのが嫌だったりしますよね。

日焼け止めは必須ですが、多少塗れていなくてもラッシュガードがあれば、後々肌が焼けて痛くなるのを防ぐことも可能です♪

水中メガネ、あみ、バケツ

水中メガネ、あみ、バケツの3点は、磯遊びに必須です!

水中メガネは、顔を濡らさずに海の中をみれる便利アイテム!

ちーまま
ちーまま

娘は、顔に水がかかるのがいやなのですごい重宝しました。

実際に魚が泳いでいるのを観れると、子供はもちろん、ママ、パパもテンション上がります!

バケツは1つでもいいと思いますが、網は2、3本用意するのをおすすめします。

いざ、磯遊びを始めると親の私たちも取りたくなるのです。

子どもに渡したら中々返ってこないので、多く持って行って損はしないですよ!

飲食物

海の家がありますが、

  • テントを張る場所によっては遠い
  • 子供が飲食できるものがあるかわからない

などの理由から、飲み物や食べ物は調達してから海に向かうと安心感がありますよ♪

一口サイズの食べ物であれば、簡単に栄養補給できますし、熱中症予防にもなりますよ!

周辺施設

千葉県の渚の駅たてやまから見える夕日

周辺には、以外と観光できるスポットがたくさんあります。

その中で子連れにおすすめなのが、“渚の駅 たてやま”です。

ここには、

・大きな水槽に魚がたくさんいる「海辺の広場」

・さかなクンが作った「さかなクンギャラリー」

・館山湾が見わたせる「展望デッキ」

の他にも、食堂やマルシェ、お土産が買えるお店も併合しています。

海辺の広場やマルシェは夕方には閉まってしまうので、こちらの館山市観光協会より事前に営業時間など確認してくださいね。

ちーまま
ちーまま

我が家は、夕方にいったこともあり

夕焼けがとてもきれいに見えました。

人も少なく、穴場スポットでしたよ!

宿泊したホテル

沖ノ島から近くのホテルがよかったので、我が家はホテルファミリーオ館山<JR東日本ホテルズ>に宿泊しました!

沖ノ島から車で10分ほど、近くにコンビニもあり便利でした。

夜ご飯は付けなかったので市街にある、回転寿司へ!

朝は、バイキングでした!

また、手持ち花火ができるか聞いたところ、駐車場ならOKということでやらせてもらいました。(2022.8現在)

沖ノ島の周辺で、リーズナブルに宿泊したい方におすすめです!

まとめ:沖ノ島で磯遊びについて

  • 沖ノ島海水浴場とつながっているため、海水浴と磯遊び両方したいかたにおすすめ。
  • 沖ノ島は1周することができ、島を探検したり自然を楽しめる。
  • 小さい魚やヤドカリなど見ることができる。運がいいとサンゴが見れるかも!?
  • 直射日光を避けれる、テントや帽子、ラッシュガードは必須アイテム。

準備万端でママやパパも楽しい磯遊びにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました