宮古島子連れブログモデルコースを参考に実際のスケジュールを紹介②

お出かけ
※プロモーションページが含まれる場合があります
※プロモーションページが含まれる場合があります

2023年11月に0歳(11ヶ月)と4歳の子どもと宮古島へ旅行にいってきました。

モデルコースを参考にしながらも、0歳と4歳の子ども連れなため予定は詰め込まずに

  • その日観光に行く方面
  • 夜ご飯のお店は予約済み

の状態で、宮古島旅行へ行きました!

ゆるい感じで出発しましたが、とても充実した子連れ宮古島旅行になったので、ぜひ参考にしてみてください♪

宮古島子連れ旅行3日目「宮古島 海中公園」方面へ

3日目のスケジュール表

3日目は「宮古島海中公園や雪塩ミュージアム」などがある方面へ行きました!

宮古島子連れ旅行観光「宮古島海中公園」へ

宮古島海中公園の施設内

「宮古島海中公園」はその名の通り、海の中から魚がみることができる施設です。

クマノミや色鮮やかな魚がたくさん泳いでいました。

運がいいとウミガメも見れるそうです♪

ちーまま
ちーまま

宮古島旅行で唯一入館料を払ったのが、

「宮古島海中公園」です。

ただ、普段見れない海の中を見ることができたので

満足度は高く行ってよかったです♪

宮古島子連れ旅行観光「雪塩ミュージアム」へ

雪塩ソフトクリーム

「宮古島海中公園」から車で10分ほどのところに「雪塩ミュージアム」があります!

ちーまま
ちーまま

近いのでセットで観光するのがおすすめですよ☆

実際に雪塩が製造されているところがみれたり、雪塩ソフトクリームがたべれます。

お土産さんも併設していて、雪塩サイダーと雪塩ラスクなどが組み合わさった〝お土産セット〟などの用意がありました!

宮古島子連れ旅行3日目お昼はハンバーガー屋さんへ

ダグズバーガー宮古島店の外観

お昼は食べたかった「ダグズバーガー宮古島店」へ。

11時すぎに入店したため並ばずに入れました!

12時すぎには5組ほど外で待っていたり、テイクアウトのお客さんで賑わっていました。

ちーまま
ちーまま

スムーズに入店したい方は、早めの時間に行きましょう♪

宮古島子連れ旅行3日目午後はプール、海へ

空と海

来間大橋をドライブし竜宮城展望台を観光した後はホテルに戻り、プール・海を楽しみました。

11月でしたが、午後は海水の温度も上がり海水浴を楽しめました。

ちーまま
ちーまま

ホテルの前の海でも魚を見ることができ、

シュノーケリングを楽しんでいる方もいました。

※ボタンを押すと楽天トラベルにとびます

宮古島子連れ旅行3日目夜ご飯は焼き肉屋さんへ

琉宮園の外観

夜ご飯は、事前に予約していたシギラセブンマイルズリゾート内にある炭火焼肉「琉宮苑」へ焼肉を食べに行きました。

子連れの方も多く、にぎわっていました!

ちーまま
ちーまま

宮古牛も食べることができました♪

宮古島子連れ旅行最終日

4日目のスケジュール表

4日目は帰宅する日。

早めにチェックアウトをし、飛行機の時間まで存分に楽しみました!

宮古島子連れ旅行観光「シースカイ博愛」へ

シースカイ博愛の船の外観

事前に予約していたシギラセブンマイルズリゾート内にある「シースカイ博愛」に行きました。

小さな子どもでも楽しめるマリンアクティビティです♪

船は地下構造になっており海の中を見ることができます!

宮古島海中公園とはまた違った見方ができ、間近で迫力を感じました。

ちーまま
ちーまま

ウミガメを見ることにも成功☆

最後にはちょっとしたお楽しみもあり、子どもも大人も楽しめるマリンアクティビティでした♪

※ボタンを押すと楽天トラベルにとびます

宮古島子連れ旅行帰路へ

空港に止まっている飛行機

シギラリゾートと空港への道沿いにあるカフェ「TORICO FARM」さんで休憩してからレンタカーを返却し、宮古島空港内でお昼ご飯を食べました。

飛行機の時間まではお土産をみたり、飛行機をみたりとゆっくりと過ごしました。

3泊4日の宮古島旅行はこれで終わりです♪

まとめ:宮古島子連れ旅行ブログ②

  • 宮古島海中公園や雪塩ミュージアムは近くにあるからセットで観光するのがおすすめ。
  • 飲食店はどこも混んでいるため早めの時間入店するor予約するとスムーズに行動できる。
  • シースカイ博愛は普段乗れない船、海の中を見ることができ大人も楽しめた。運がいいとウミガメが見れる。

時期をずらして行ったこともあり、観光客が少なく、ゆったりとした時間を過ごすことができました!

今回行けなかった場所もあるのでまたリベンジします♪

タイトルとURLをコピーしました